スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
ラミーで遊ぼうよ
 先日の算数カードゲームに関する考察
 「ラミー」を簡単なゲームとして紹介しました。
 
ラミー デラックス(RUMMY):ラミーキューブ/ラミィキューブ/マツイ・ゲーミング・マシン

¥3,129
Amazon.co.jp

 すごく簡単に遊べるボードゲームですので
 ルールをご紹介しましょう。

 「タイル」と呼ばれる
 麻雀の牌のようなものを使います。

 写真では判りづらいでしょうが
 各タイルには数字が書かれていて
 色でも区別されます。

 「セット」というものがありまして
 以下の2種類あります。

  ・同じ色で3つ以上数字が連続している
 
  ・色が違いの同じ数字が3つ以上
 
 最初にタイルを配った後
 ターン制で処理していきます。

 自分のタイルが全て
 上記のセットになったら
 「上がり」を宣言して
 タイルを並べてみせてください。

 間違いがなければ
 そのプレイヤーの勝ちです。

 もっとも
 いきなり勝つことは
 ほぼありません。

 セットができない場合
 配られなかったタイル1枚を
 自分のタイルに加えないといけません。

 完成したセットをひとつでも
 表に出せば
 タイルを引く必要はありません。

 こうして
 表に出されたタイルは
 公共のものとして扱われ
 「セットを出したプレイヤー」は
 「アレンジ」が可能になります。

 この「アレンジ」こそが
 「ラミー」の面白さと
 云っても間違いありません。

 ここで
 「アレンジ」をご説明しましょう。

 まず
 出されたタイルに
 自分のタイルを付けくわえることが
 できます。

 例えば……
 2-3-4の前に「1」を
 あるいは後ろに「5」をつけたりできます。

 それだけではありません。

 出されたセットを
 崩して新しいセットにすることも
 可能です。

 例えば……
 2-3-4-5と5-6-7-8の2セットが
 色違いで出ているとしましょう。

 ふたつの「5」に
 新しく出した「5」(3色目)を加えて
 2-3-4と6-7-8と5-5-5
 ……なんていうことも可能です。

 ただし
 「アレンジ」の前に出されたタイルを
 手元に戻すことはできません。

 また
 「アレンジ」後にタイルが余ったり
 未完成のセットがあったりしては
 いけません。

 ルールの説明書では
 「アレンジ」が判りづらいのですが
 この「アレンジ」こそ「ラミー」の胆なのです。

 一度遊ばれると
 中毒になるほど面白いですよ。
 
blogram投票ボタン
 blogramランキング参加中!

 ランキングに参加しています。
 クリックしていただけると
 うれしいです。
 どうぞよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
[2011/10/12 11:00] ブログ | トラックバック(0) | コメント(4) | @
<<だから言わんこっちゃない | ホーム | 「彼が彼女になったわけ」>>
コメント
--1. う~むむ・・・--
う~むむ?

リンクの方も、読んでみました。

ひろのも、日頃、見たこともないゲームを披露してるものですから

つかみ

が効果的かどうかものすごく気をかけてます。
最初の紹介の仕方をどうするか、
いくら考えても、足りてることはない感じがしてます。
[2011/10/12 18:37] URL | ひろの #79D/WHSg [ 編集 ]
--2. ひろの さま--
 コメントありがとうございます。
 
 アドバイスありがとうございました。

 「つかみ」がうまくできていないということですね。

 修業して
 次回は「つかみ」に気をつけて
 書きます。

 ありがとうございました。
[2011/10/12 22:01] URL | 賢い人は綺麗? 「賢さ」を磨く算数ゲーム開発中・汐里 #79D/WHSg [ 編集 ]
--3. はじめまして<(_ _)>--
「ラミー」というのにひっかかってきました。
もう30年以上前になりますが
ロサンゼルスから来たという遠い親類のコから「ラミー」というカードゲームを教えてもらったことがあります。
当時高校生だったいとこが辞書片手に通訳をしてくれて何度か遊びましたが、ルールがややこしくてわけがわからないまま終わったような…
いとこが「ちょっと麻雀のルールに似てる」と言ってた記憶があります
[2011/10/16 22:42] URL | にゃおん♪ #79D/WHSg [ 編集 ]
--4. にゃおん♪ さま--
 にゃおん♪ さまコメントありがとうございます。

 記事に書いた「ラミー」と同じゲームでしょうか?

 記事の「ラミー」でしたら
 すごくシンプルなルールですよ。

 出した後の「役」を組み換える「アレンジ」は慣れが必要かもしれませんが。

 組み換えがうまくいった時は
 癖になりそうな程快感です。

 お薦めです。
[2011/10/16 23:39] URL | 賢い人は綺麗? 「賢さ」を磨く算数ゲーム開発中・汐里 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://pegascon.blog.fc2.com/tb.php/970-f4bd741d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

グッズ販売中

「算数曼荼羅」のデザインを使ったグッズを発売しています。

モノトーン細密画Tシャツ シャツ
モノトーン細密画Tシャツ シャツ math_mandalaによる
もっと zazzle.co.jpで作られている t シャツ を閲覧

検索フォーム

お勧めのミステリー

 【新品】【書籍・コミック 小説・エ...

 【新品】【書籍・コミック 小説・エ...
価格:1,728円(税込、送料別)


「ミステリー挿画展」の題材に このミステリー小説を選ぶほど お勧めです。

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Twitter

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。