ちょっとプロデューサーになってお金を稼げる……かも
こんばんは



 久しぶりの更新です。


 10年の歴史を持つAKB48の勢いは
 いまだ衰えていません。


 NHKの朝ドラ「あさが来た」の
 オープニング
 山本彩 嬢・入山杏奈 嬢・柏木由紀 嬢・加藤玲奈
 北原里英 嬢・小嶋陽菜 嬢 ・兒玉遥 嬢・指原莉乃 嬢
 島崎遥香 嬢……等
 AKB48が歌っています。


 AKB48に人気があるが故に
 良くも悪くも話題になり
 AKB48に憧れる少女達が増え
 その中から「いい!」人材を採用することで
 人気が高まる
 ……と好循環が起きています。


 そんなAKB48を作ったのが
 プロデューサー・秋元康氏。


 今回は……
彼のようなプロデューサーになってみませんか?

 ……という記事です。


 ファンから注目されるアイドルそのものではなく
 アイドルを作り
 売りこむのがプロデュースです。


 AKB48ほど売りこむには
 秋元氏と同じほどの
 発言力やコネが必要かもしれませんが。



 アイドル・イメージ


著作者 : Dương Quí Trung (改変 gatag.net)
※著者名記載必須

 まだ全くの無名で
 アイドルになるべく一心に努力し
 自撮りを YouTube にアップする
 ……程度しかできていない少女に
 資金的・精神的援助をすることは
 できるようになりました。


 その手助けになるのがクラウドファンディング


「アイドルになりたい
 この子を応援しています」
 ……と呼びかけ
 興味を抱いてくれた
 市井の人々から小額を集められます。


 支援をしてくれるような熱心なファンによって
 彼らの知人・友人に告知が行われ
 大きな輪へと変化していき
 やがては
「×百年に一度の逸材」
 ……と評される存在になるかもしれません。


 一般的なクラウドファンディングには
 目標額があり
 その金額を下回ると
 お金は支援者に戻されてしまいます。


 そうなってしまったら
 今までの努力は水泡に帰すのでしょうか?


 少なくても
 資金援助をしてくれようとしたファンが
 ひとりでもいるなら
 それは成功といえるでしょう。


 今までは
 アイドルの原石を見つけてきても
 大したことはできませんでした。


「プロデューサーになってデビューの手助けをする」
 ……という挑戦に役立つのが
 クラウドファンディングなのです。


*   *   *



 クラウドファンディングに関しては
 以下の本を参考にしました。





 この本では
「東北ずん子」という萌えキャラを売り込んだ経験をもとに
 クラウドファンディングのノウハウが
 いちから説明されています。


 お判りのとおり
 文章では
「AKB48」や「アイドル」を比喩に使っていましたが
 別にそれらには限定されません。


 何か売り込みたい才能をお持ちでしたら
 自分自身を売りこむことも
 可能です。


「すぐにでもクラウドファンディングをしたくなる」
 ……本でしたが
 あえて苦言を記しておきましょう。


 何回もクラウドファンディングで
 資金調達をしているのですが
 成功率はどれ位なのか?


 毎回クラウドファンディングの会社を変えるのは
 いいのですが
 どういう点でどこが良かった(悪かった)か?


 これらについての説明が
 もう少しほしかったです。


 さぁ一緒にプロデュースしませんか?



最後まで長文・駄文におつきあいいただき
ありがとうございました。


小鳥遊 汐里 拝
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ファイナンス一般 - ジャンル:ファイナンス

[2015/10/18 08:15] | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<< #YouTube が8,888回再生されそうです | ホーム | 「江古田ユニバース」の様子を動画にしてみた>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://pegascon.blog.fc2.com/tb.php/2276-b8b6e09f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

グッズ販売中

「算数曼荼羅」のデザインを使ったグッズを発売しています。

モノトーン細密画Tシャツ シャツ
モノトーン細密画Tシャツ シャツ math_mandalaによる
もっと zazzle.co.jpで作られている t シャツ を閲覧

検索フォーム

お勧めのミステリー

 【新品】【書籍・コミック 小説・エ...

 【新品】【書籍・コミック 小説・エ...
価格:1,728円(税込、送料別)


「ミステリー挿画展」の題材に このミステリー小説を選ぶほど お勧めです。

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Twitter

ブログパーツ