「楽しすぎる」が欠点のゲーム
おはようございます。



 世界的なゲーム賞で
 史上初の三をえた
 ゲームマニアの間で有名な
 カードゲーム「ドミニオン」をご紹介しましょう。





 このカードゲームの目的は
 終了時点で最も広い領土を得ていること。


 ゲームの開始時点で
 各プレイヤーに
 銅貨(1枚1円相当)と領土(1点)とが
 それぞれ決まった枚数
 合計10枚配られます。


 受けとったプレイヤーは
 裏に向けてシャッフルしてから
 表を見ずに引いてください。


 それらが手札です。


 以後は
 ターン制となり
 手番ごとに以下の順番に処理していきます。



アクション : 行動
・バイ : 買いもの
・クリーンアップ : 手札の交換



 説明していきましょう。


 最初のうちはアクションはできません。


 バイのタイミングで
 通貨(銀貨や金貨がある)カード
 領土カード
 あるはアクション用のカードを
 1回の手番で1枚買えます。
 (種類問わず1枚)


 最後のクリーンアップで
 全ての手札および
 買ったカード(もしあれば)とを
 表むきにしてひとまとめにします。


 新たに手札を引いて
 手番が終わります。


 手札が足りなくなった後
 ひとまとめにしておいたカードをシャッフルして
 手札に足してください。


 ゲームが進み
 適切なカードが手札にあれば
 アクションのタイミングで
「追加で買う」「追加でカードを引く」
 ……等を行えます。


 手番を越えて手札を保持できないので
 アクションはするべきですが
 1枚しか使えません。


 アクション・バイ……を繰りかえしていき
 ゲーム終了時点で
 最も広い領土を持つプレイヤーの
 勝ちです。
(手札も混ぜて数えます)


*   *   *



 20種類以上のカードが
 用意されていますが
 1回のゲームでは10種類しか使いません。


 その10種類の組みあわせ次第で
 カードの価値や戦略が変化し
 長く遊べます。


「基本」として紹介されているセットでは
 他のプレイヤーに直接攻撃をするカードは
 ほとんど使いません。


 パズルゲームのような印象もあるかもしれませんが
 そんなことはありません。


 領土のカードを買いはじめるのが遅いと
 揃える前にゲームが終わって
 負けてしまいます。


 早すぎても
(手札にあると邪魔なため)
 息ぎれをして
 やっぱり負けてしまいます。


 どうなったら・いつから
 領土カードを買いだすか
 心理戦となります。


 初心者ですと
 戦略をイメージするのが難しく
 ゲームに慣れたフリーク向けです。


 ……とはいえ
 このゲームには中毒性があり
 日曜日に開催されています
 ゲームイベント等ですと
 2回3回と続けて遊んでいる光景も
 珍しくありません。


 遊びなれたベテランと
 ルールをかじった初心者との格差が
 広がりすぎるのが
 欠点といえば欠点かもしれません。


 もっとも……
 毎回ゲーム会に行くような
 ベテランなら
ドミニオン」を
 おそらくご存知でしょうが。


ドミニオン」の
 日本での販売元の説明ページがありまして
 日本各地での専用イベントをも
 ご紹介していらっしゃいます。


詳細はこちら



最後まで長文・駄文におつきあい
ありがとうございました。


小鳥遊 汐里 拝
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:カードゲーム - ジャンル:ゲーム

[2015/08/17 08:00] ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<ベスト10入りした記事をご紹介 | ホーム | 生きいそいでみる?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://pegascon.blog.fc2.com/tb.php/2248-ee83646b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

グッズ販売中

「算数曼荼羅」のデザインを使ったグッズを発売しています。

モノトーン細密画Tシャツ シャツ
モノトーン細密画Tシャツ シャツ math_mandalaによる
もっと zazzle.co.jpで作られている t シャツ を閲覧

検索フォーム

お勧めのミステリー

 【新品】【書籍・コミック 小説・エ...

 【新品】【書籍・コミック 小説・エ...
価格:1,728円(税込、送料別)


「ミステリー挿画展」の題材に このミステリー小説を選ぶほど お勧めです。

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Twitter

ブログパーツ