ハンバーガーはひとつ1万円
書籍「ファーマゲドン」を教材に<br />現代の巨大になりすぎた農業・<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E9%85%AA%E8%BE%B2" class="tagword">酪農</a>について<br />考えてみる
こんにちは



 通常売られているハンバーガー
 ひとついくらで売られているか
 ご存知でしょうか?


 店舗の数が
(多分)日本で一番多い
 マクドナルドで1個100円でした。


 他のファーストフードチェーンでも
 100円台でしょう。


 こちらの画像をご覧ください。





「ファーマゲドン」という本なのですが
 しっかりこう書いてあります。


ハンバーガーの真のコストは1万円」


 本書の内容を参考に
 ご説明しましょう。


 以前は
 牛飼いが何十頭もの牛の群れを
 草原に連れてきて
 ……というのが当然でした。


 人間が食べられない草を食べ
 乳や牛肉という
 人間の食材に変えてくれました。


 近年
 牛を狭い柵に閉じこめ
 乳牛なら乳をしぼりつづけ
 肉牛を効率よく屠殺する
 ……そんな光景が増えています。


 効率のいい酪農
 全て批判する気はありませんが
 効率偏重・大量生産が
 限度を越えると
 害を産みだします。


 大量の飼料を安く安定して入手するために
 牛や豚用の飼料を育てる専用の土地を
 用意するほうが
 コストパフォーマンスが良ければ
 そうするに違いありません。


 かつてその土地は
 誰かの農地だったかもしれません。


 密集して牛を飼えば
 病気も発生するでしょう。


 運動不足だったり
 ストレスがあれば
 なおさら病気のリスクは増えます。


 病気を防ぐために
 ワクチンも必要でしょう。


 全てのワクチンが害だとは
 主張しませんが
 過度のワクチンでは
 不安になります。


「増えつづけている世界の人々を
 飢えさせないためには
 大規模で効率のいい酪農こそが
 必要なんだ」
 ……という主張は
 説得力がありそうです。


 たしかに
 特定の作物なり家畜なりは
 大量に生産されるかもしれませんが
 過度の負荷を
 自然のサイクルにかけているなら
 どこかで望まない副作用が生まれ
 人間の食料全体の量は減り
 飢餓の悪化は避けられないでしょう。


 農業・酪農大規模化・効率化による
 農環境の悪化は
 消費者には止められないのでしょうか?


 ここに書きたいのですが
 中途半端な説明になってしまってはいけません。


 本書に書いてありますので
 ぜひお読みくださいませ。



最後までおつきあいいただき
ありがとうございます。


小鳥遊 汐里 拝
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:人生を学ぶ本 - ジャンル:本・雑誌

[2015/08/09 14:45] | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<戦争と戦う方法 | ホーム | 人気1位の記事が2冠を達成>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://pegascon.blog.fc2.com/tb.php/2235-49a38e10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

グッズ販売中

「算数曼荼羅」のデザインを使ったグッズを発売しています。

モノトーン細密画Tシャツ シャツ
モノトーン細密画Tシャツ シャツ math_mandalaによる
もっと zazzle.co.jpで作られている t シャツ を閲覧

検索フォーム

お勧めのミステリー

 【新品】【書籍・コミック 小説・エ...

 【新品】【書籍・コミック 小説・エ...
価格:1,728円(税込、送料別)


「ミステリー挿画展」の題材に このミステリー小説を選ぶほど お勧めです。

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Twitter

ブログパーツ