スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
「算数アート」に影響を与えたもの
<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0" class="tagword">ボードゲーム</a>「アクワイア」を通じて<br />「ボードは有限。無限じゃないんだ」<br />……という事実を意識するようになり<br />大きさに限界のある紙の上で<br />いかに無限を表現するか?<br />……がテーマとなった話


おはようございます



 更新頻度を上げているからか
 昨日(8日)のご訪問者さまの
 人数がやや多かったです。


 突然ですが……
「アクワイア」を
 ご存知でしょうか?





 本来は「習得」「得る」と
 いった意味です。


「アクワイア」は
「バブル崩壊ゲーム」とも称される
 の売買をテーマにした
 ボードゲーム
 ご説明しますとこんな感じ。


 各プレイヤーは所持金と
 タイルとを持っています。


 プレイヤーは
 自分の手番になると
 手元のタイルのうちのひとつを
 ボードに置いては
 タイルを補充します。


 ボード上のタイルが
 条件を満たすとホテルチェーン
 生まれます。


 生まれたホテルチェーンについては
 その
 買えるようになります。


 ただし……
 基本的には
 手持ちのを売れませんし
 配当は一切ありません。


 自分の所有するホテルチェーン
 成長させるのは大切ですが
 話はそう単純ではありません。


 ボード上のタイルが増え
 ホテルチェーン同士が
 繋がると吸収合併が起き
 ひとつを残してチェーンが
 ボードから除去されます。


 ボードから消えるホテル・チェーンの
 大主のプレイヤーに大金が支払われ
 また
 を売っていいのは
 このホテル・チェーンかつ
 この処理中だけです。
(「売る」以外の選択肢もあります)


 所持金を増やせるのは
 この時だけですので
 一日千秋の思いで
 吸収合併を待つことになります。


 倒産を繰りかえして
 所持金を増やすのも作戦のうち
 ……というひどいゲームです。


 帳簿上の資産価値のある
 自由に使える現金を稼げる株。


 どちらも所持していたいですが
 そうなるのは容易ではありません。


 吸収合併でリストラされる従業員の
 阿鼻叫喚は聞こえないつもりで。


 ゲームの説明は
 主に以下のふたつのブログを
 参考にさせていただきました。



世界のボードゲーム

  

レビュー記事一覧7つのホテルチェーンの建設と株式を操作し、吸収合併を利用しながら金融操作する「アクワイア」です。「アクワイア Acquire 」 プレイ人数(2)3-6人 12歳以上 プレイ時間90分間ゲーム開始時点の写真です。【写真1】ゲーム開始時中央の黒いボードがゲームボードです。【写真2】ゲームボードゲームボード上に置かれている5Bや6Eと書かれた2枚の灰色の正方形のタイルは、建設されたホテルを表す...
アクワイア Acquire 2013/10/9




なぁ ゲームをやろうじゃないか


よし、そろそろ更新するぞ   いや、せねば・・・・そんな訳で今回は株ゲームの名作「アクワイア」の紹介&リプレイだぜー(・・・・もう思いつきで変なタイトルをつけるのはやめとこう)そんな訳で久々に遊ぶこのゲーム 今回は最近再販された新版の方でプレイするので気分も一新ひげの人が今回初プレイと言う事で、簡単にルールを説明しKu-3と共に三人で楽しく遊ぶのだ 歴代のパッケージアートに登場していたおっさんの絵...
アクワイア Acquire




 詳細は
 上記のブログにてご確認くださいませ。


*   *   *



 長々と説明を書いてきましたのは
「アクワイア」というボードゲームが
 面白いからですが
 理由はそれだけではありません。


「アクワイア」で遊んでいると
 避けようとしても
 ホテル・チェーン同士は
 繋がってしまいます。


 ゲームボードの面積の有限性を
 ここまで強く意識したゲームは
「アクワイア」だけでした。


 小鳥遊が細密画を描きはじめ
「有限の紙に無限を表現したい」
 ……そう思うようになって
「アクワイア」を連想し
 やがて
算数アート」へと変化しました。


算数アート」が生まれるきっかけのひとつが
「アクワイア」なわけです。



最後まで長文・駄文におつきあい
ありがとうございました。


小鳥遊 汐里 拝
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ボードゲーム - ジャンル:ゲーム

[2015/08/09 08:15] ボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<人気1位の記事が2冠を達成 | ホーム | 人気ランキング3位になった記事をご紹介>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://pegascon.blog.fc2.com/tb.php/2233-2994e950
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

グッズ販売中

「算数曼荼羅」のデザインを使ったグッズを発売しています。

モノトーン細密画Tシャツ シャツ
モノトーン細密画Tシャツ シャツ math_mandalaによる
もっと zazzle.co.jpで作られている t シャツ を閲覧

検索フォーム

お勧めのミステリー

 【新品】【書籍・コミック 小説・エ...

 【新品】【書籍・コミック 小説・エ...
価格:1,728円(税込、送料別)


「ミステリー挿画展」の題材に このミステリー小説を選ぶほど お勧めです。

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Twitter

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。