スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
「台形の面積の公式」ってどんな状況で使うの?
さんまの会で聞いた「台形の面積の公式」から<br /><a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB" class="tagword">アメリカ</a>の<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E8%90%BD%E3%81%A1%E3%81%93%E3%81%BC%E3%82%8C%E3%82%BC%E3%83%AD" class="tagword">落ちこぼれゼロ</a>法まで。<br />「知る」ことと「考える」こととの違いまで
おはようございます。



「さんまの会」で検索される機会が
 意外と多いです。


「さんまの会」といっても
 明石家さんま 氏は関係ありません。


 都内目黒区の某小学校で開催されています
 算数の先生たちの勉強会です。


 ブログにアップした記事では
 2012年6月に触れています。





 落語の「めぐろのサンマ」からの
 命名ですね。


*   *   *



「さんまの会」に参加していた先生から
 聴いた話。


「台形の面積の公式」を
 5年生に教えている際
 生徒が質問をしてきました。


「先生。
 この公式が
 いつ(どんな状況で)役に立つの?」


 その先生はにっこり笑って
 答えます。


「キミ達が大きくなって
 その中の何人かが
 小学校の先生になって
 5年生に
『台形の面積の公式』を教える時に
 役に立つんだよ……」


「役に立たない」
 そういっているようでは
 ありませんか?


 話は変わりますが
 こちらの本を
 ご紹介いたします。





 911の自爆テロ後に起きた
 政治の悪化
「アラブの春」の正体
 ……等々面白い内容もあるのですが
 その中の
 教育問題について。


 資本主義において
 法の範囲内では
 競争は肯定され
 敗者は立ち去るのがルールですが
 公立小学校ではどうでしょう?


 勉強会(「さんまの会」)に通うような
 熱心な先生も
 十年前から進歩のない先生も
 同じお給料のぬるま湯状態では
 怠惰になってしまいます。


 そこで
落ちこぼれゼロ法」という法律が
 導入されました。


 小学校の生徒たちに
 全国規模のペーパーテストをして
 点数のいい(=教え方のいい)学校には
 補助金が与え
 逆に
 悪い学校に対しては補助金が
 カットされるシステムにしたのです。


 平等は平等ですが
 小学校は知識偏重主義に陥り
 教員には
「効率よく知識を伝える技術」が
 最優先に要求されるようになりました。


 生徒には
教員が『カラスは黒』と教えたら
『カラスは黒』と覚える」従順性が
 要求されるようになり
 他のクラスメートの意見を聞く機会も
 減ってしまいました。


 書いておきますが
 これは「落ちこぼれゼロ法」下での
 アメリカ合衆国の話です。


 知識偏重主義の下では
 自分で考えて間違いを犯すリスクをとる生徒より
 先生の教える内容を
 黙々と暗記する生徒が評価されます。


 拳法の達人ブルース・リー 氏の言葉
「考えるな。感じるんだ」
 ……に倣えば
「考えるな。覚えるんだ」
 ……でしょうか?


 このような教育
「成績優秀」な少年少女が成長して
 独裁的な政策や
 企業のおためごかしに
「自分の意見」を主張する大人に
 なれるでしょうか?


 きっと「偉い人」「権力者」の意見を
 鵜呑みにする大人に
 なってしまうでしょう。


 繰り返しますが
 日本の話ではありません。


*   *   *



「さんまの会」で逢った
 先ほどの先生は続けて云いました。


「『台形の面積の公式』を知識として伝えるなら
 十五分もあればできる。


 公式の知識も大切だけど
 時間をかけて勉強する目的は
 自分で公式を導く
 あるいは
 同じクラスの友達の意見を聞いて
 その公式が正しいか考える
 ……という過程を重視しているからだ。


 ただ知識を覚えるだけなら
 わざわざ学校に来る必要もない」


「知識」より「考える力」という意見で
 すごく説得力のあるように
 感じました。


 だとしたらボードゲームでも
 いいんですよねぇ……?



最後まで長文・駄文におつきあいいただき
ありがとうございました。


小鳥遊 汐里 拝
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になる本をチェック!! - ジャンル:本・雑誌

[2015/08/08 08:15] | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<犯罪天国「ニポン」? | ホーム | ブラック企業が社会に与える害について>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://pegascon.blog.fc2.com/tb.php/2230-ed167924
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

グッズ販売中

「算数曼荼羅」のデザインを使ったグッズを発売しています。

モノトーン細密画Tシャツ シャツ
モノトーン細密画Tシャツ シャツ math_mandalaによる
もっと zazzle.co.jpで作られている t シャツ を閲覧

検索フォーム

お勧めのミステリー

 【新品】【書籍・コミック 小説・エ...

 【新品】【書籍・コミック 小説・エ...
価格:1,728円(税込、送料別)


「ミステリー挿画展」の題材に このミステリー小説を選ぶほど お勧めです。

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Twitter

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。