スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
「算数と細密画との関係」に関する質問と #ひぐらしのなく頃に #miniature
 こんばんは。



絵描いたよ見てください 2ブログトーナメント - イラストブログ村
絵描いたよ見てください 2ブログトーナメント


参加中です。


人気ブログをblogramで分析


blogramランキング参加中!


クリックして投票していただけると
幸いです。



 描いた絵を公開したり
 描いてほしい絵を提案・募集する
 Facebook ページがあります。


 そのページで
 「絵」を描いた記事を
 紹介しました。


 すると
 参加者のひとりから
 タイトルの「算数で精密画」について
 質問をいただきました。


*   *   *



 ひぐらしのなく頃に
 ……というゲームを
 ご存知でしょうか?


 和的なホラー要素のある
 猟奇的殺人事件が扱われています。


 最初はコミックマーケットで
 同人ゲームとして販売されていました。


 他と異なる点は
 いくつもあったのですが
 特筆すべきは……
 まず選択肢がないこと。


 作品はシリーズになっているのですが
 各作品ごとで
 「解答」は明かされません


 ストーリーの語り手は
 登場人物でもあって
 知識の不完全さは避けられません。


 (プレイヤーに対する「意図的な嘘」はありません)


 シリーズが進み
 複数の視点が揃った結果
 初めて「真相」が判ります。


はたして「ゲーム」と
 呼んでいいのでしょうか?



 「自己言及的」という点では
 「泉」という芸術作品とも共通です。


 作者の竜騎士07氏の講演によりますと
 氏によるゲームの定義は
 コミュケーションツールたること


 夏で買ったゲームが
 「殺人犯は誰だ?」
 ……という謎を残して
 (悲劇的に)終わったとしましょう。


 続編が販売される冬までの間
 ゲームプレイヤーは
 「前原圭一が怪しい」
 「いやいや竜宮レナが怪しい」
 「意外と園崎魅音かも……」
 ……などと推理をしあい
 話しあい
 コミュケーションのネタにしたくなる
 ……そんな仕組みを
 取りいれたとのこと。


 小鳥遊自身が
 「ひぐらしのなく頃に」と出逢ったのは
 それを基にした
 完全オリジナル・テーブルトークRPGで
 そんな討論が行われた時期より
 ずっと後でしたが。


 (TRPGはボードゲームの一種です)





※画像はイメージです



*   *   *



 「算数をどう使って
  細密画を描いているのか?」
 ……という質問・疑問も
 同様に扱っていただきたいのです。


 「説Aが正しい」と主張する人物がいれば
 説Bを唱える人物もいて
 全く異なる説Cを主張する第三の人物もいる
 ……となるのを夢見てやみません。


 今しばらくは「正解」を
 披露しませんし
 具体的にいつ明かすかも未定です。


 コミュニケーションツールとして
 使っていただければ
 大いなる幸せです。


 何年「絵」を描きつづけても
 誰にも関心を持ってもらえない
 ……という
 独りよがりなまま
 作家活動が終わる可能性も
 なきにしもあらずですが。


長文・駄文
最後までおつきあいいただき
ありがとうございました。


小鳥遊 汐里 拝
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/01/05 22:45] アート | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<告知・第7回0SM公募大賞展 #math #miniature | ホーム | 4位になった記事をご紹介 #miniature #math>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://pegascon.blog.fc2.com/tb.php/2060-8cad524a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

グッズ販売中

「算数曼荼羅」のデザインを使ったグッズを発売しています。

モノトーン細密画Tシャツ シャツ
モノトーン細密画Tシャツ シャツ math_mandalaによる
もっと zazzle.co.jpで作られている t シャツ を閲覧

検索フォーム

お勧めのミステリー

 【新品】【書籍・コミック 小説・エ...

 【新品】【書籍・コミック 小説・エ...
価格:1,728円(税込、送料別)


「ミステリー挿画展」の題材に このミステリー小説を選ぶほど お勧めです。

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Twitter

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。