スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
もしピュグマリオン王がピアノの先生だったら……? その2  #心理学

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

人気ブログをblogramで分析

blogramランキング参加中!

バナーをクリックして投票してくださると
嬉しいです。



 こんばんは


 今回の記事は
 もしピュグマリオン王がピアノの先生だったら……? その1  #心理学
 ……の続きです。


 こちらの記事を
 まだ未読でしたら
 ご笑読いただけますよう
 お願いいたします。


*   *   *



 さて
 前回の記事 では
 ピグマリオン効果 について
 ご紹介しました。


 それでは
 「東京大学に合格しろ~」
 「医学部に絶対合格」
 「AKB48の大島優子さん並の有名人に」
 「荒木飛呂彦先生を超える漫画家に」
 ……等々
 叱咤激励する親も
 「子どもに期待している」
 ……のも事実。


 こんな親の願いも
 ピグマリオン効果によって
 叶うのでしょうか?


 現実になるとすれば
 おそらくピグマリオン効果では
 ないでしょう。


 例えば
 ご自身がピアノの先生だと
 考えてみてだくさい。


 宇多田 ヒカルさんや
 椎名 林檎さんの
 従姉妹が
 ピアノを習いに来たとします。


 目の前にいる彼女たちの
 上手下手に関わらず
 「近い将来に才能を発揮してくれる筈」
 ……と確信して
 教えるに違いありません。


 そう信じて接すれば
 「できている部分」や「成長した部分」しか
 目に入らないでしょう。


 すると
 「誉める」機会が増えます。


 もちろん
 先生(指導者)ですので
 間違いは「間違い」と指摘する必要は
 ありますが。


 では
 「褒めて育てる」
 ……と
 本人の成長にとってプラスなのでしょうか?


この問への答えは
 次で……。


長文・駄文に
最後までおつきあいいただき
ありがとうございました。


小鳥遊 汐里 拝
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:セラピー&ヒーリング - ジャンル:心と身体

[2013/11/16 21:15] 心理学 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<綺麗に輝く満月の晩に | ホーム | 人気記事のご紹介>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://pegascon.blog.fc2.com/tb.php/2036-84d8cf8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

グッズ販売中

「算数曼荼羅」のデザインを使ったグッズを発売しています。

モノトーン細密画Tシャツ シャツ
モノトーン細密画Tシャツ シャツ math_mandalaによる
もっと zazzle.co.jpで作られている t シャツ を閲覧

検索フォーム

お勧めのミステリー

 【新品】【書籍・コミック 小説・エ...

 【新品】【書籍・コミック 小説・エ...
価格:1,728円(税込、送料別)


「ミステリー挿画展」の題材に このミステリー小説を選ぶほど お勧めです。

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Twitter

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。