「弱い人」の価値について考えてみる #本 #名言
 こんばんは

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


blogramで人気ブログを分析


blogramランキング参加中!


投票ボタンをクリックしていただけると
似たステキブログへ
飛びますよ♪

 今晩
 この本の著者さんの
 サイン会兼交流会のイベントに
 参加してきました。


 リラックマさんも
 一緒でした。





 ジャンル的には
 ビジネス書・成功指南書に
 なるのでしょうか……?


 さて
 ここで「弱い人」と「強い人」
 どちらがいいのか考えてみましょう。


 ビジネスにおいては
 「強い人」が求められる機会が
 多いかもしれません。


 反面
 「強いだけの人」も
 小説や漫画も面白くありません。


 荒木飛呂彦先生の
 「ジョジョの奇妙な冒険」の
 第三部の主人公・空条承太郎は
 数少ない例外ですが……。


 閑話休題。


 ただし……
 単なる「強い人」は
 自分と同程度の「強さ」を
 周囲にも求めがちな傾向が
 なきにしもあらずです。


 周囲にとっては
 けっこうきついです。


 逆に
 「弱い人」はどうでしょう?


 「周囲に『強さ』を求めない」
 ……という点はいいのですが
 自分の「弱さ」を放置したままなのも
 やはり問題です。


 「理想」は……
 「成長して『強さ』を得たものの
  かつて持っていた『弱さ』をも
  忘れない人」
 ……でしょう。


 この本の著者・青山さんが
 まさにその通りなのです



 どうやって
 青山さんが
 両方を得たのか?
 ……については本を
 お読みくださいませ。



 最後までおつきあいいただき
 ありがとうございました。


 小鳥遊 汐里 拝
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

[2013/10/27 23:50] | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<< I show my #miniature and #drawing | ホーム | あなたにも夢ありますよね? #夢 #希望>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://pegascon.blog.fc2.com/tb.php/2023-3f931c94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

グッズ販売中

「算数曼荼羅」のデザインを使ったグッズを発売しています。

モノトーン細密画Tシャツ シャツ
モノトーン細密画Tシャツ シャツ math_mandalaによる
もっと zazzle.co.jpで作られている t シャツ を閲覧

検索フォーム

お勧めのミステリー

 【新品】【書籍・コミック 小説・エ...

 【新品】【書籍・コミック 小説・エ...
価格:1,728円(税込、送料別)


「ミステリー挿画展」の題材に このミステリー小説を選ぶほど お勧めです。

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Twitter

ブログパーツ